カビの原因や二次的な災害につながる

岐阜市の水道の修理業者

床の大規模な水漏れはとにかく早めの対処を!

水回りで気をつけないといけないのが床や壁の大規模な水濡れを放置することです。大概は雑巾なのですぐに拭き取りますが、トイレなどちょっとした床の水が漏れてるだけではそのままにしてしまう場合があります。それに加えて、男性の場合は便器からはみ出した小便が床に漏れることもあるので場合によっては、2次的な被害に広がります。マンションにお住まいの場合には下階にお住まいの方に二次被害を生じさせてしまうこともありえる事態に陥ってしまうこともあります。
他人の家への二次被害がるケースは、マンションやアパートといった集合住宅が代表的ですが上階で大規模な水漏れがあったときには、階下の天井や壁の中まで水が漏れてくることがあります。水濡れだけにとどまらず、壁の内側やクロゼットにカビが生えてしまったり家電製品に水が付着してしまうと漏電の危険性があり大事故に繋がってしまうこともあります。
水漏れを放置してしまっているとカビが生えてしまうだろうの被害が出てしまうことがあります。すぐに対処することでカビが生じないので床が濡れているなどした時には、必ずふき取ってください。また、カビは胞子が体内に入ると気管支系に悪影響が出るケースもあるので、やはり素早い対応が望まれます。
時間がたつについれて他人への二次被害を及ぼすだけでなく建物へのダメージも大きくなります。床や壁の水を拭き取ったとしても、乾燥が不十分なら裏側にカビが生えてしまったりダニが発生することもあります。

蛇口・水道の部品

壁や床下から水が漏れた時の被害

壁や床下からの水漏れは、建物内部の配管に問題があることが原因で起こることが多く、大きな被害を引き起こす可能性があります。具体的には、以下のような被害が考えられます。

壁や床の腐食
水漏れが続くと、建物の壁や床に含まれる木材が腐食してしまいます。腐食が進行すると、建物の構造に大きな損傷を与えることがあります。
カビや湿気の発生
水漏れがあると、湿気が増え、カビが発生することがあります。カビは建物内部の健康環境を悪化させるだけでなく、アレルギーや呼吸器系の疾患を引き起こす原因となることもあります。
隣接する部屋への被害
壁や床からの水漏れが隣接する部屋にまで広がることがあります。この場合、隣接する部屋の床や壁が腐食したり、カビや湿気が発生することがあります。
電気配線への被害
壁や床の中に敷設された電気配線に水が浸入することがあります。水が配線に入り込むと、感電や火災の危険性があります。

以上のような被害があるため、壁や床からの水漏れは早急に修理する必要があります。

水漏れよる火災保険の適用について
火災保険には、様々な災害に対する補償が含まれますが、水漏れによる保険適用にはいくつかの条件があります。まず、保険契約書を確認し、水漏れに関する条項が含まれているかを確認する必要があります。一般的に、水漏れに関する補償は「水災」と呼ばれる範疇で取り扱われています。
保険適用になるためには、水漏れが原因で物件の修理が必要な場合、または物件内の家具や家財が水漏れにより損傷した場合に限ります。ただし、保険金の支払いには、自己負担金や保険金額の限度額などの条件がありますので、保険契約書に記載されている詳細な内容を確認する必要があります。

修理解決までの道のり


岐阜県の水道屋
copyright©2021 水道の修理隊 all rights reserved.